ギャンブルと共にある人生

ゲーム種類

オンラインカジノではルーレットやバカラ、ポーカー、スロットなど数百種類以上ものカジノゲームが揃っています。インターネット上によくある簡単な無料のフラッシュゲームと違って、オンラインカジノのカジノゲームはソフトウェア会社が作成しており、きれいなグラフィックと迫力のあるサウンドで楽しめるのが魅力です。

中にはライブゲームという美人ディーラーと勝負できるカジノゲームまで揃っています。まるでラスベガスなど本場カジノで遊んでいるような感覚を自宅の自室で味わえるのが良いところです。

ローリスクでハイリターンを狙える「パーレー法」

imm893 パーレー法は、「逆マーチンゲール法」とも呼ばれる賭け方です。その別名からも分かるとおり、マーチンゲール法が負けるたびにベット額を倍にしていくのに対し、パーレー法は、勝つたびにベット額を倍にしていく方法を取ります。

そして、負けたところでふたたび最初のベット額に戻します。では、実際にパーレー法を配当2倍のゲームで実行するとどうなるのか見ていきましょう。

まず、初めに1ドル賭けたとします。ゲームに勝った場合、配当は2ドルとなって、利益は1ドルです。2回目はベット額を倍にして、2ドル賭けます。連勝すれば、配当は4ドルとなって、この時点で利益は3ドルです。3回目はさらにベット額を倍にして、4ドル賭けます。3連勝すれば、配当は8ドルとなって、この時点で利益は7ドルです。

このように連勝していくと、ベット額はかならず前回までの利益に1ドル足した分となっていることが分かると思います。つまり、どこで負けたとしても、つねに損失は最初のベット額分である1ドルで済むことになるわけです。

パーレー法では、連勝すれば利益を倍々ゲームで増やしていくことができるにもかかわらず、負けても損失は最小限に抑えられるという点が大きな特徴となります。仮に連敗したとしても、最初のベット額を賭け続けていくだけなので、今回の例でいえば5連敗でも損失はわずか5ドルとリスクが少ないことが分かります。

もちろん、最終的には勝ったままゲームを終わらないと利益にならないので、どこまで連勝したらゲームを終えるのか、あらかじめ自分で決めておく必要があります。この方法の最大のポイントは、とにかく連敗で失った資金を上回る連勝さえできれば、かならず利益を出すことができる、ということです。

先ほどの例でいえば、2連勝なら3ドルの利益となりますが、3連敗すると3ドルの損失で差し引きゼロとなります。一方、3連勝すれば7ドルの利益となるので、仮に6連敗したとしても利益を確保することができることになります。

つまり、連勝の目安は最低でも3連勝と考えておくとよいでしょう。もちろん、それだけ連勝しやすいゲームを選ぶことも重要です。これらのことを踏まえると、パーレー法でうまく勝つためには、次のチェックポイントをしっかり押さておく必要があります。

1.連勝しやすいゲームやベット範囲なのか
2.トータルで利益を出せる連勝が出やすいのか
3.どれだけの連勝でゲームを終えると効率的なのか

当たり前のことですが、ギャンブルというのは計算通りにいかないものです。ですが、2択のゲームで連勝することはそれほど難しいことでもありません。そこで計算以上の勝率を得るためには、ゲームをある程度見きわめて、自分のなかで一定のルールを作り上げることです。

たとえばルーレットでいえば、同じ色に賭け続けるのがよいのか、前回の結果と違う色に賭けるのがよいのか、あるいは直近の10ゲーム分の確率で決めたりと、さまざまな方法があると思います。パーレー法を使うときにも、結局はこの見きわめこそがもっとも重要な鍵となるのです。