ギャンブルと共にある人生

ゲーム種類

オンラインカジノではルーレットやバカラ、ポーカー、スロットなど数百種類以上ものカジノゲームが揃っています。インターネット上によくある簡単な無料のフラッシュゲームと違って、オンラインカジノのカジノゲームはソフトウェア会社が作成しており、きれいなグラフィックと迫力のあるサウンドで楽しめるのが魅力です。

中にはライブゲームという美人ディーラーと勝負できるカジノゲームまで揃っています。まるでラスベガスなど本場カジノで遊んでいるような感覚を自宅の自室で味わえるのが良いところです。

所持資産の管理方法

iusd8f3 ハーフストップ法とは、システムベットではなくマネーシステム、つまり所持資産の管理方法になります。マネーシステムですので、ゲーム中に関わるものではなく、利益の最大値の半分を頂点として保持し、残りの半分の額をベットしていくという資産運営のテクニックになります。

まずは、1000の所持資産が1500まで勝ったことを想定します。普通であればここでゲームを止めてもいいのですが、ハーフストップ法は、ここからさらにゲームを続けていきます。元の資産が1000だったので、これまでの利益は500。その利益が半分の250になるまで、ベットを続けていきます。

このように、生み出した利益の半分を確保しつつ、残りの半分を資金として使い、より多くの利益を求めていく方法を、ハーフストップ法と呼びます。利益が増えれば増えるほど、どんどんと投資できる額も大きくなり、より強力にゲームを進めていくことが出来るようになります。

もちろん、これは所持資産の管理方法ですので、実際のゲームで勝利するためのベット方法は別に用意する必要があります。ハーフストップ法を運用していく上での注意点は、損失が利益を上回らないように管理する事に尽きます。

どんなテクニックを使っても、勝負ごとに負けは付き物です。負けた時に損失が大きいと、遺しておいた半分の利益が減ってしまいます。この管理方法は、負けた際に起こる自己過信などによる過剰な投資を防ぐためのマネーシステムです。負けた時にも、決して利益が無くなったと思わずに、半分は残っているのだから冷静になって状況を見よう、という自制を持って勝負にのぞみましょう。

まだゲームや所持資産の運用に慣れていない場合や、自分の中に明確なルールが定まっていないときは、こうしたコントロール系のマーネシステムを用いるのもよい方法かもしれません。